缶テナ パート1 (430MHz) BOSS缶

昔、制作した事が有るのですが、無線仲間の要望も有り又、作っちゃいました。
昔は、小さい可愛い缶(サントリー、ペンギン缶等)があったのですが、最近の
缶は360mlが多くスリムな缶を見つけるのが、難しくなりましたね。
今回もサントリーでBOSS缶で制作して見ました。

製作過程の様子を写すの忘れてまして、完成後の
画像しか有りません、数日中に又、製作致します
ので、その時の課程を紹介致します。

<材料>
 缶×2・・・・・・・・自動販売機/コンビニで購入
 アクリルのパイプ約20cm・・ホームセンター
                  (1m物しか売ってない)
 真鍮パイプ約17cm・・・・・・ホームセンター(1m物)
 銅線2mm・・・・・・・・・・・・・・ホームセンター(1m物)
 アクリル板 少々・・・・・・・・・ホームセンター
 MP-3(コネクター)3個・・・・・ハムショップ
 MA-JJL(中継接栓)1個・・・・ハムショップ

<飛びデーター>
 テスト日:2004年7月6日
 固定局:3段GP10mH  20W
 直線にて20Kmメリット5 S3
 それ以上はトンネルで山陰で不可。

 小さい割には、良く飛びます。
 又、色々データーを取って報告します。
 SWR/1.5
 もう少し長めの缶でしたら、SWR下がる
 かも。

<超かんたん缶てな>430MHz
 ついでに、こんな缶テナ作って見ました。
 構造は簡単
 キャップから上が取り外せますので、絵柄
 に飽きたら別の絵柄の缶に交換可能。
 SWR/1.1
 モービルには、ラジアル部分がチョイトじゃま
 かな?固定ではGoodかも。

缶テナパート2へ